株式会社アイテック計画

/ 地域計画・都市計画

ホーム > 地域計画・都市計画

 

 

プロジェクト名

焼津市本町地区更新計画

プロジェクト概要

かつて遠洋漁業の基地として全国的に名をはせた焼津は、200カイリ問題に代表される漁業の構造転換を背景に、まちとしての活力を失いつつあったが、昭和63年に着工された新漁港の整備を機に、後背部の既成市街地の再生を図ろうと本計画が策定された。
その後、街路事業、密集市街地整備促進事業、優良建築物等整備事業など各種の事業展開が進められている。

計画地

静岡県焼津市本町地区

発注者

焼津市

面 積

約22.7ha

策定時期

平成4年3月

 

 

プロジェクト名

盛岡市中ノ橋地区市街地総合再生計画

プロジェクト概要

中ノ橋地区は中津川に面し、市内で最も盛岡らしい風情を残す商業地である。
本計画は商業の活性化を軸に都市のアイデンティティーを確立するための街づくり指針を示すものである。
その後地区内の国道歩道部の修景、無雪化の事業、コミユニテイーゾーン形成事業、街並み・まちづくり総合支援事業等が実施され、地区更新の着実な歩みをみせている。平成12年6月に、街・まち事業のメニユーの一つである地域交流センターが完成し、地区内に新しい核拠点が誕生した。

計画地

宇都宮市中心市街地

発注者

盛岡市

面 積

約18ha

策定時期

平成7年3月

 

 

プロジェクト名

宇都宮市大通り周辺地区市街地再生計画

プロジェクト概要

北関東の中核市として風格と賑わいのある都心づくりをめざし、中心部のあり方を明確化した計画。
あくまでも近未来の実現性を視野に入れ、現在進行中、計画中のさまざまなプロジエクトを盛り込むとともに、地域商業者や市民の声を広くあつめ、計画に反映させた。
その後、くらしのみちづくり事業、中心市街地活性化事業、市街地再開発事業など本計画に沿って市民と行政が連携した粘り強い街づくりの取り組みが続けられている。

計画地

宇都宮市中心市街地

発注者

宇都宮市

面 積

約40ha

策定時期

平成9年3月

 

 

プロジェクト名

東武練馬駅北口地区再生計画・街区整備計画

プロジェクト概要

駅北口の工場跡地の有効活用と駅前広場をはじめとする駅周辺部の公共施設整備を進めるための、マスタープランを策定。
とりわけ、工場跡地およびその直近部については、市街地再開発事業を核とする事業化の可能性につき、地元意向を反映させながら整備計画案を作成、検討した。

計画地

東京都板橋区(東武東上線練馬駅前)

発注者

板橋区

面積

地区再生計画:約11ha、街区整備計画:約48ha

策定時期

平成9年3月


 

 

プロジェクト名

亀岡市桂川右岸土地利用基本構想

プロジェクト概要

京都市の西隣に位置する亀岡市は、豊かな自然と歴史的な風土に恵まれた都市である。
市の中央部を流れる桂川は、近年その上流部に日吉ダムが整備され、河川の河道改修が具体化してきた。
それにより広大な農地を形成している河岸地域のうち、 中心市街地に接する右岸地域は都市的土地利用の可能性が高まることとなった。
本計画は行政と民間、市民が連携し、21世紀の市の顔づくりを右岸地域に展開すべく検討された将来像を提示している。

計画地

京都府亀岡市

発注者

亀岡市

面積

約200ha

策定時期

平成10年11月